―  閑戸富作品  ―

 この楽描きが どうか あなたに やさしく ありますように・・・ 

I open this door.
Because you can go...

真っ暗闇なんてありません
彼はおおよその鍵を持って
いるものですから
いつだってその扉を開けて
光のある場所へ行くことができるのです
If you rains,
we will go beside you.

それは突然やってきます
あまりに急なものですから
傘なんて持ち合わせては
いないでしょう
彼らはやってくるのです
傘を貴方に届けるために
I always pray for your growth.
I carry your heart.

小さな実もいつか大木になる
いくつかの朝がきて
いくつかの夜が過ぎたら
根を葉を新しい実をつけるのです
それは長い時のようで
たぶん一瞬のこと
I carry your heart.

不思議と想いは伝わるものです
鉛筆を走る彼が
急がなければ伝わらないと
言うものですから
彼には休みがないのです
A painter has a steange dream.

優しい夢をみて
見たい夢をみて
馬鹿げた夢をみて
絵描きは可笑しな夢をみる





© 2010 fuu KANTO.